社会福祉法人 横浜市中区社会福祉協議会 公式ウェブサイト

文字の大きさが変更できます
標準 拡大
サイト内検索

交通案内・お問い合わせ

住所
〒231-0023
横浜市中区山下町2番地 産業貿易センタービル4階
アクセスマップ
TEL
045-681-6664
FAX
045-641-6078

開館・受付時間

区社協事務所
月~金曜日 8時45分~17時15分
あんしんセンター
月~金曜日 9時~17時
専用TEL:045-680-0551
ボランティアセンター
月~土曜日 9時~17時
福祉保健活動拠点
月~土曜日 9時~21時/日曜日・祝日 9時~17時
移動情報センター
月~金曜日 9時~17時
  • 各受付時間は、祝日・休日・年末年始を除く。
  • 業務により異なる場合があります。お問い合わせください。

生活支援体制整備事業

目的

高齢者一人ひとりができることを大切にしながら暮らし続けるために
多様な主体が連携・協力する地域づくり

高齢者が孤立することなく、生きがい役割をもって、自分らしく暮らし続けられるよう、様々な介護予防・社会参加の機会がある。

高齢者が、自分でできることは自分で行いながら住み慣れた地域で暮らし続けられるよう、多様な主体による重層的な生活支援の機会がある。

高齢者がいつまでも住み慣れた地域で、自分らしく暮らし続けられることを目的として、平成27年4月の介護保険制度改正により整備された事業です。

人と人とのつながり・支え合いのある地域づくりを基盤として、地域住民・福祉関係機関・企業・NPO法人・医療機関等あらゆる主体と連携を図りながら、重層的な「生活支援」「介護予防」「社会参加」のある地域づくりを進めていきます。

実現のための3つの仕組み

交流・居場所

人とのふれあいや生きがいを感じる場や機会がある

見守り・つながり

困っている人に気づき合い、必要な人・制度等につながる

生活支援

心身に不自由があっても、暮らしに必要な支援やサービスが受けられる

「交流・居場所」づくり

地域の皆さまとともに、人とのふれあいや生きがいを感じることができる場や機会をつくっていきます。また、その場を通じて、役割をもって社会参加できる地域づくりを支援しています。

「見守り・つながり」の拡充

困りごとを抱えた地域住民が早期に発見され、必要な支援につながるよう、地域住民をはじめ、地域活動団体や企業などを対象に、学習の機会や仕組みづくりを支援しています。また、住民の気づきを共有する場を定期的に作り、住民同士で気づき合うことができる地域づくりを支援しています。

「生活支援」の充実

誰かの助けが必要になっても、住み慣れた地域でいつまでも暮らし続けられるように、住民活動や民間サービス等のあらゆるサービスが切れ目なく受けられる地域づくりを支援しています。また、「ちょこっとボランティア」「配食ボランティア」等、地域の誰もが参加・利用できる生活支援活動の立ち上げ・活動支援もしています。

生活支援コーディネーター

横浜市では生活支援体制整備事業を推進するにあたり、各区社会福祉協議会と 各地域ケアプラザに「生活支援コーディネーター」を、区役所には「地域包括ケア担当 係長」をそれぞれ配置し、地域ケアプラザ、区社会福祉協議会、区役所の三者で推進 する体制をとっています。

生活支援コーディネーターは地域の皆さまと、「高齢になっても住み慣れた地域で、 一人ひとりができることを大切にしながら安心して暮らし続けることができる」よう に、住民同士の支え合いの仕組みづくりのお手伝いをしています。 住民の皆さんと一緒に「地域の活動やサービスの創出、継続、発展」を目指していきます。

お役立ちリンク